▶旧ブログのシステム変更のため、こちらに新ブログを移行しました。 →【旧・県県Go!Go!】アーカイブはこちら
▶当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

--:-- スポンサー広告

最近、小耳にはさんだ危ない話

2009/11/22
【その1.県庁不正経理:職員処分をめぐる不穏な動き】
11月21日
今日は午後より市川ネット主催の「県政報告会」へ。メインテーマ「八ッ場ダム」、「県庁不正経理」のふたつはパワーポイントを用意。実は、1ヶ月前に作ったものだが、八ッ場ダムはその後2回も現地に行っているし、
不正経理のほうは昨日「不正経理特別委員会」が開かれたばかりだし、昨夜は色々新しい情報を加えた。気がつけば朝の5時・・・ 肌、あやうし!
 
昨日の「不正経理特別委員会」は、わが川本さん、車イスで登場。岐阜県の例に見習って、千葉県もしっかりと情報公開に務めるようクギを刺した。
 
さて、委員会では職員の処分が議論の的となった。「秘密裏に職員処分をすることなく、この特別委員会の意向を反映させるように」と主張する民主党議員に対し、自民・公明議員は「ここは職員の処分をあれこれ言う場ではない」と反論。というより防戦を張っている印象。これは何か「職員処分」を巡って、水面下で動きがあるのかな?と思っていたら、今日の市川ネットの集会参加者から、とんでもない情報をいただいた。
 
どうも、12月18日のX-デーまでに、1000人規模の職員処分が行われるらしいという。それも、幹部職員はお目こぼし、処分されるのは下っ端ばかりという噂。県は情報を隠したまま、「トカゲの尻尾切り」のような処分を大々的に行うのか。そうだとすればコトは重大。「全てのウミを出す!」と大見得を切った森田知事。またまたパフォーマンスだったんですか?
 
【その2.総合計画:三番瀬をめぐる不穏な動き】
 
ブログでもお知らせしているように、わずか半年足らずで千葉県の10年間を決める「総合計画」が作られようとしている。なぜ、今? とかねがね疑問に思っていた。すると、18日に開いた「総合計画・県民緊急集会」で、川本さんがゲットした興味深い資料を披露。「総合計画策定に当たり調整を要する全庁的課題について」という内部文書である。
 
読んでビックリ!!!
公けに総合計画づくりが走り出す前に、県庁内では既にこんな踏み込んだ話し合いができていたのだ!中でも三番瀬に関しては、聞き捨てならないことが書かれていた。
 
「前知事による埋立て計画の撤回以降、三番瀬の再生に向けてさまざまな事業を実施してきたが、未だに明確な方向性が打ち出せていない状況であり、今後の事業のありかたについて検討が必要」
 
むむむ、かなり危ないぞ。
市川方面からは、猫実川河口付近に手を入れて「人口干潟」を作るようにという「要望」も熱心にあがってきているようだし。この河口を埋立てるということは、「第2湾岸道路建設」へと直結していく話だ。
 
つい最近の行革推進委員会でも、危ない意見が出た。「幕張新都心をもっと何とかせい」というのがテーマだったが、ある委員がこんな発言を・・・
「幕張メッセは交通の便が悪い。今の海浜幕張駅だけでは不十分。第2湾岸を早く通して、もっと交通の便を良くしなければならんのでは?」
 
森田県政になってから、急速に「三番瀬」が危なくなってきている。
 
さて、本日の市川集会(11月21日)に、市川市長選にチャレンジする高橋亮平氏が突然の参加。33歳という若さ。市川市政を「市民が主役」の政治の場に変えようと熱弁をふるった。市川市長選挙は民主党系候補が3人出るという大混戦。しかし、三番瀬の保全や男女共同参画の考え方、教育観など、やはり高橋氏が最適だと思う。写真は、市川市議秋本さんと、スリーショット。なんだか、息子を応援する母親?(どちらが・・・)
 
市川市長選候補者 高橋亮平さんとネットの秋本市議と 

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

06:21 日々のつれづれ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。