▶旧ブログのシステム変更のため、こちらに新ブログを移行しました。 →【旧・県県Go!Go!】アーカイブはこちら
▶当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

--:-- スポンサー広告

八ッ場ダム 県議会:まともな議論ができない自民党が奇襲で自爆!

2009/10/23
前回のブログで、県庁不正経理のプール金について書くと予告したが、昨日行われた県議会閉会での自民党の態度のあまりのひどさに、怒り心頭。その報告をさせていただく。

最終日は議案、請願、意見書の採択を行う。今回自民党から「八ッ場ダムの早期完成を求める意見書」が出されていた。内容は極めてお粗末。「70%が完了したのだから続けろ」や、「今やめるほうが、続けるより高くつく」など推進派のいつもの事実誤認に基づく「妄言」のオンパレードである。いくら内容がひどくても、最大会派の自民党の数の力で必ず採択されてしまう。

ならば、この意見書に対して「質疑」を行い、議論の中でこの意見書のおかしさを白日のもとに晒そうということになり、前々日に自民党に対して質問内容を全て「通告」した。

・首都圏の1日最大給水量はいくらと認識しているのか。
・八ッ場ダムの治水効果はどれくらいあると考えるか。
・70%完了とは、何をもって断言するのか。
・返還金として利水1460億円、治水525億円とあるが、その根拠を示せ。
                     などなど・・・

ところが当日、「答弁者」として登壇したのが富里選出の伊籐勲県議。この方はいつも、独特の質問スタイルで議場を煙に巻く。質問するというより、長々と自論を制限時間一杯に使って展開、再質問もしない。結局何を言いたかったのかさっぱり分からないという御仁。

これは自民党、反論できないと見て奇襲に出たな。

予感的中。私の7項目にわたる質問には一切まともに答えず、珍妙なヨタ話を延々としゃべりだした。いわく「あんたがたは、水の大切さを分かっているのか。地球上では水がますます不足しているんだ」「私は農業をやっているが、農業用水では・・・」(あのー、八ッ場ダムは農業用水には無関係なんですが)などなど、全く八ッ場ダムと関係のない話が次から次と続き、私や吉川さんが「そんなことを聞いていない!」「質問にまともに答えろ」と叫んでもお構いなし。「議長! 注意してください!」と促しても、議長は力なく「答弁は簡潔に・・・」とささやくのみ。
そんな議長の注意も何のその、伊籐県議は10分も20分も、ダラダラと無関係なおしゃべりを続ける。途中、質問に答えるふりをして資料をめくるが、出てくるはずもない。またまた無駄な時間が経過。

こちらは質疑の時間は10分と決められている。あちらは無制限。止まらない、止められない。結局、質疑は北極と南極ほどすれ違い、かみ合わず、ジ・エンドとなった。

自民党よ、議員の責務たる「議論」を自ら完全放棄して良いのか?
反論できないからと言って、こんなヨタ話でお茶を濁すとは、議会軽視も甚だしい。県民の税金を頂いて、このテイタラクは何だ! 議会をナンだと思っているのか。

本日の質疑とヨタ話はインターネットで近日中にアップされるはずなので、またこのブログでお知らせする。全県民に見ていただきたい。これが自民党の現実です。

国では政権交代が実現したが、県議会も政権交代を急がねばならない。旧態依然と言うよりは、幼稚園児よりもひどい自民党のレベル。議会私物化。傲慢無礼。少数会派蔑視。論理的思考欠如。思考停止。ああ、今度は私の罵詈雑言が止まらない、止められない!





FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

11:39 県議会

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。