▶旧ブログのシステム変更のため、こちらに新ブログを移行しました。 →【旧・県県Go!Go!】アーカイブはこちら
▶当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

--:-- スポンサー広告

八ッ場ダム緊急集会+ブショーもの

2009/10/19

昨日(10月18日)、東京で八ッ場ダムの緊急集会があった。
題して
「八ッ場ダムのウソ or ホント? 徹底検証!緊急集会」
 
私も、「八ッ場ダムをストップさせる千葉の会」メンバーとして、また、「八ッ場ダムを考える1都5県議会議員の会」事務局として出席。嶋津さん製作の「徹底検証」パワーポイントの説明役をさせていただいた。
 
八ッ場ダムへの世間の関心の高まりを表すように、会場は満杯。報道陣も多数。
 

会場 
満員の会場

 
私が受け持った「徹底検証」は次の2点。
①八ッ場ダムは継続するより中止したほうが高くつく?
②八ッ場ダムはすでに7割もできているので、今さらストップできない?
 
パワーポイント 
右端がパワーポイント作成者の嶋津てるゆきさん。
 
これらの検証はすでにこのブログで行い、木っ端微塵に粉砕させてもらっている。
9月14日16日のブログをご覧下さい。図表はクリックすると拡大します)
 
今回は新たに、国交省発表の工事スケジュールのオオウソを指摘させてもらった。
「大本営発表」では、工期日程は次のようになっている。
 
2009年度後半      ダム本体工事に着手
2010年度末まで  付替国道、付替鉄道、付替県道、
                            代替地造成等の関連工事を完成
2011年度から     本格的なダムサイト岩盤掘削工事
             (現国道と現鉄道の廃止)
2011年度末まで   水没予定地の住民の移転を終了
2012年度から     ダム本体コンクリート打設を開始
2015年秋         ダム本体完成、試験湛水を開始
2015年度末       八ッ場ダム完成
 
参考までに次の図をご覧いただきたい。
 
ダム

 
一目瞭然! ダムサイト(本体)は今の国道と鉄道をぶったぎっている!
つまり、国道と鉄道を完全に山の上のほうに付け替えてからでなくてはダムは作れないということだ。そして、それに併せて当然のこと、住民も全て代替地に移転させなければならない。水没予定地は、ダムサイトの工事が始まったあともまだ水没はしないだろうけど、国道も鉄道も全く新しい場所に移ってしまっているのだから、元の場所は完全に陸の孤島となってしまうからだ。
 
で、国交省は当然そのように工事を進めると豪語しているが、お立会い!付け替え国道は進捗率(完成度)いまだ6%。付け替え鉄道は76%まで行っているが、新「川原湯温泉駅」付近の用地買収が終っておらず、工事の大半が残っている。代替地造成もいまだ進捗率は10%だ。移転希望が129世帯なのに、引越しできたのはわずか16世帯に過ぎない。とても2011年度末(2012年3月)までに、これら全部が終了するとは思えない。
あと2年ちょっとしかないのですぞ。
 
今日、1都5県の6知事が揃い踏みして、八ッ場ダム現地に行くという。お決まりの地元住民の「涙ながら」の訴えに耳を傾け、お決まりの国交省現地事務所の役人の説明にうなづき、治水・利水にダムは必要と大声を上げるのだろう。森田知事は石原大親分と上田兄貴に喜びいさんでお仕えし、お得意のこぶしを振り上げる
ポーズを決めることだろう。あっ、ちなみに昨日、館山で開かれた「南総里見まつり」で、森田知事は武将に扮して「やあやあ、われこそは・・・」とこぶしを振り上げたそうな。
 
里見まつり 
 
知事は武将姿で開口一番こう言った。
「俺は必ず知事に当選して、この姿になってやるぞと思っていた」
 
やれやれ、そんなことのために一生懸命「完全無所属」とウソをついて、がんばったのね。武将なんかになるよりは、ちっとは「みんなの八ッ場パーフェクトガイド」でも読んで、お勉強して!このままじゃあ、武将でなく「無精者」として名を残しますよ。
  
 

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

14:17 八ッ場ダム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。