▶旧ブログのシステム変更のため、こちらに新ブログを移行しました。 →【旧・県県Go!Go!】アーカイブはこちら
▶当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

--:-- スポンサー広告

【八ッ場ダム: 費用便益とは何ぞや?

2009/09/21

昨日の朝日新聞の2面「ダム見直し賛否噴出」という記事で、「費用便益」という
数字が出ている。「ヒヨーベンエキ? 何、これ?」と思う方は多いだろう。
 
費用便益とは、費用対効果を数字で表すもので、道路やダムなど主に公共事業に
使われる。もっと平たく言えば、「この工事は、これだけコストをかけてもペイするか?」、
つまり、工事の必要性を図る指標であり、数字が高いほど、「ペイする」ことになる。
 
で、国交省発表の八ッ場ダムの費用便益は 3.4
 
湯西川ダム(1.5)や、霞ヶ浦導水(1.2)に比べて頭抜けて高い数字だ。
数字だけ取り上げれば、「ほら、やっぱり八ッ場ダムは必要じゃないの」となる。
 
が、お立会い。これこそ数字のマジック。引田テンコーさんもびっくりのタネも仕掛けも
テンコ盛りの「まやかし手品」なのだ。
 
◆国交省が「3.4」とする根拠
「八ッ場ダムができると、吾妻川の流量が一定化し、吾妻渓谷の景観が改善される。」
◆反論
八ッ場ダムができると、吾妻渓谷の上流は破壊されてダム湖の底に沈み、ダムの下流
の渓谷も、そびえ立つダムで景観がさえぎられ、岩が苔むして見るも無残な姿になる。
渓谷は、時々洪水で岩肌を洗われることで美しさを保っている。
すぐ近くにある三波石峡は昔は有名な美しい渓谷だったが、下久保ダムが作られたあと、
岩にコケや草が生えてしまい、今は見る影もない。
 
◆国交省「八ッ場ダムは洪水を大幅に減少させる」
◆反論
 国交省は、「利根川の氾濫は上流と下流とで同時に起き、堤防がこわれ、首都圏が
 一気に洪水に襲われる」としているが、こんなこと現実に起きるはずがない。
 実際の洪水では
 上流ブロックで氾濫すれば、洪水の一部が外に逃げて水位が下がるため、
 下流ブロックでの氾濫は起きにくくなる。
 お役人は机の上で考えるから、「上流と下流が全て同時に氾濫する」などという
 珍現象を思いつくのだろう。幼稚園の子どもでも、水は高いところから低いところへ
 時間をかけながら流れることを知っている。
 
ちなみに、国交省は2007年12月の事業評価では、費用便益を「2.9」としていたが、
なぜか1年後には「3.4」に引き上げた。よほど数字の裏づけがほしかったようだ。
どちらの数字も疑問だらけなので、「八ッ場あしたの会」から国交省八ッ場ダム事務所に
今年6月2日に公開質問書を送ったが、3ヶ月以上経った今も、回答はなし。
タネも仕掛けもトッピ過ぎて、国民には知られたくないのでしょうね。

以上のもっと詳細な説明は以下のリンク(八ッ場あしたの会)でご覧いただけます。
 
国交省八ッ場ダム事務所への公開質問書

費用便益計算の矛盾についての解説
 「八ッ場ダムによる吾妻渓谷の景観改善(事業評価の問題点)」
「洪水についての問題点」

 「八ッ場ダム事業の費用便益計算の問題点について(その2)


 本日の結論
「大ウソつきのコンコンチキ!」とよく言うが、これからは
「大ウソつきのコッコーショー!」と言うことにしましょう!


FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

18:48 八ッ場ダム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。