▶旧ブログのシステム変更のため、こちらに新ブログを移行しました。 →【旧・県県Go!Go!】アーカイブはこちら
▶当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

--:-- スポンサー広告

暗闇で自然観察、夏の夜

2009/08/20

毎年、さくらネットでは夏休み企画として、親子で参加の自然観察会を
開いている。
好評ではあるが、とにかく暑い。そこで、今年は「夜の観察会」を初めて企画。
自然観察員の柴田大丈さんを案内役に、総勢30人が集まり、午後6時過ぎに
城址公園のナイトツアーを開始した。

城下町佐倉の中心佐倉城は、明治初期に天守閣など建物が取り壊され、今では
堀や空堀などが残るだけだが、広く起伏に富んだ地形を利用して、公園となっている。

国立民族歴史博物館(レキハク)が園内にあることでも有名。
園内名所のひとつ「姥が池」は、昔、乳母が若君を池のほとりで遊ばせていた際、
あやまって若君を溺れさせてしまい、自分も身を投げたという伝説の池である。

姥ヶ池 
昼の姥が池、闇に光る姥が池では、ウシガエルが「ボー、ボー」と低音の魅力を発揮していた。

日がとっぷりと暮れると、公園の中、とりわけ原生林のような森が広がる場所では
人工的な明かりもなく、まさに「原始の闇」。目が慣れると、星明りで、懐中電灯を
つけなくとも回りが良く見える。
夜しか見られない白いレースのようなカラスウリの花が優美に香る。

お目当て(お耳当て?)のアオバズクの声は、今は繁殖期ではないということで
聞けなかった。しかし、繁殖期でないと鳴かないとは知らなかった。 


aobazuku 
アオバズクさんの目玉、鳩山さんのギョロ目に似ているかも・・・

これがナイトツアーご一行様。↓ 
ナイトツアー 



さて、本日最大のショーはなんとセミだった。
あちこちの木で、セミの脱皮が始まったのだ。
このセミは小さいのでミンミンゼミかな?↓

dappi 
脱皮が始まり、背中を逸らしてイナバウアー

セミ 
完全に脱皮。これがホントの「セミ・ヌード」
羽はしばらく透き通った緑色。明け方には茶色くなる。


最後はみんなで大地に寝っころがって、真夏の星座の観察。
自然観察員の鈴木さんから、「夏の大三角形」を教えてもらい、北極星の
説明を受ける。

森田も衆議院選挙もぜーーーんぶ忘れて、しばし夜空の星を見つめる。

「お星様、検察が起訴しますように・・・」
やっぱり、世俗を脱することはむずかしい!!!

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

20:44 ネット活動

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。