▶旧ブログのシステム変更のため、こちらに新ブログを移行しました。 →【旧・県県Go!Go!】アーカイブはこちら
▶当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

--:-- スポンサー広告

ベクレル? 遅レル? ダマサレル?

2011/03/29
今日の午前中、災害対策などを議題とする臨時の総務常任委員会が開かれた。
入江さんと傍聴に出かけたが、その席でふと思い出したことがある。
 
震災が起きるとも知らず、平和な空気にまだ日本中が包まれていたあの日、議会最終日。
本会議が始まる直前、会派室に職員Xさんがやってきて、今日が最後と言う私に挨拶をくださった。
「これでお別れね」という私に、Xさんは笑いながら「いやいや、何が起こるか分からない。飛行機事故とか大災害が起きて、臨時議会があるかもしれませんよ」
 
このわずか90分後、冗談は本当になったのである。飛行機事故と大地震、臨時議会と臨時常任委員会という違いはあるが… 
 
それはさておき、今日の総務常任委員会ではとんでもないことが明らかになった。
私たちの会派からは委員外委員として小宮さんが会議に出た。小宮さん、浄水場の放射性物質汚染についてしっかりと質問したが、その中で、基準値以上の放射性ヨウ素が検出された浄水場の水について、測定にどれだけの時間がかかるのかつっこんでくれた。
 
で、測定は外部機関に依頼しており、今検体がたくさん持ち込まれているので非常に時間がかかり、早くて1~2日はかかるという。
さて、わが佐倉市に送水している柏井浄水場には東側施設(印旛沼の水)と西側施設(利根川の水)の二つの浄水施設がある。3月26日夜に、東側施設から採水した水から放射性ヨウ素が130ベクレルも検出され、乳児には飲ませないようにとお達しが出た。
ここでお立ち会い。
測定には1~2日かかるのである。130ベクレルと判明した水は1~2日前の水であり、つまり、住民は1~2日間その水を既に飲んでいるのである。「赤ちゃんは飲まないように」と言うお達しがいかにむなしいことか。
 
ひっくり返ったことがもうひとつ。
くだんの柏井浄水場。翌27日夜7時に測定した結果は、東側施設:63ベクレル、西側施設:43ベクレル。
新聞で知ったときは「下がった」と安心したのだが、なんのことはない、東側施設と西側施設の水を「混ぜた」んだそうだ。希釈です。隠ぺいです。小細工です。
 
現在、県内に5つある浄水場から検出される放射性ヨウ素は、全て基準値以下。
しかし、28日の結果を見ると、初めて放射性セシウムが微量検出されている。セシウムは、ウムを言わさず、ヨウ素より怖い要素がある。なんて、ダジャレっている場合ではない。これが何を意味するのか、しないのか?
あああ、かくして、悪夢は続いていくのである。

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

05:18 県議会

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。