▶旧ブログのシステム変更のため、こちらに新ブログを移行しました。 →【旧・県県Go!Go!】アーカイブはこちら
▶当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

--:-- スポンサー広告

原発震災、風を見よう!

2011/03/17
毎日、相変わらず危機的状況が続いている。
被災地に、食糧、ガソリン、医薬品などが全く行きわたっていないという。
原発事故の深刻さから、30キロ圏内の屋内退避という指示が出てから、ぱたっと物資が被災地に入って来なくなったと言う。
政府はなぜ、30キロ圏内云々と言う前に、その地域に必要な生活物資を搬送する手立てを打たなかったのだろう。これではまるで、その地域の住民を見殺しにするようなもんではないか。
 
屋内退避という地域には、誰しも怖くて近づけないのは当然。宅配業者に「決死隊」になれというのも酷。ならば、今まで原発を推進し、安全神話を振りまき、結果として国民を欺いた御用学者、東電の経営幹部、自民党と民主党の原発推進派議員、あなた方が率先して現地に入り、物資を配るボランティアを買って出るべきではないのか。
 
現地で、原子炉を冷却するため命がけの作業を行っている東電の社員(多くは下請けと聞いている)、自衛隊の方々、本当に頭が下がります。
私を含め、遠く離れたところで吠えているだけの無策無芸の議員たちは、今、被災地で歯を食いしばって耐えている行政の責任者の方々に対し、ひたすら謙虚に何をすべきかを自らに問わなければならない。
 
何もできないけれど、メーリングリストでは義援金の呼びかけや、救援物資の現地入り情報など積極的に流している。さくらネットでも事務所に「カンパ箱」を昨日設けた。既に数千円が入った。
 
毎日、朝起きて夫と交わす言葉が「今日の放射線は?」
こんな異常事態が来るとは思わなかった。千葉県では、県庁ホームページで1時間ごとの大気中放射線の数値が分かる。
 
 
千葉県での平常値は、0.022~0.023マイクロシーベルト/時。
これを基準にして、毎日の数値を見ながら、子どもを外で遊ばせてもいいなど参考にしていただきたい。やたらに怖がるのではなく、漁師が潮の満ち引きを見るように上手に暮らしを立てて行かなくてはならない。
日によって、風向きや風の強さでかなり数値が変わる。
今日は一日中、強い西風が吹いていたので安心して洗濯物を干した。
 

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

21:24 環境

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。