▶旧ブログのシステム変更のため、こちらに新ブログを移行しました。 →【旧・県県Go!Go!】アーカイブはこちら
▶当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

--:-- スポンサー広告

懇話会は困惑会?】

2010/11/16

本日開かれた第2回「千葉県男女共同参画推進懇話会」を傍聴した。

 

8月の第1回目は、アンチ男女平等派が大活躍。
「単なる男女平等というのは、実はかえって社会の活力を削いでしまう」などと平気で言う女性委員Hさんが場を支配。県議会でも有名なバックラッシュ派のT県議が脇を支え大いに吠え、彼らの意見が大幅に取り入れられて、第2次計画よりもかなり後退した第3次計画の原案ができた。
本日はその原案が発表され、懇話会で審議されるのである。

始まって驚いたのは、前回大活躍したH委員とW委員がそろって欠席。明確にアンチ派といえるのはT県議だけ。あれれ? なんだかおかしいぞ。

審議が始まり、岡田委員(県議)が相変わらずしっかりとした口調で、3次計画のトーンダウンぶりを指摘。2次にあった基本理念「女性も男性も人として尊重され、その人らしく生きることができ、それぞれが個性を認め合える社会、そして平等な社会の実現を目指します」がバッサリと削られ、3次では「男女がともに認め合い、支え合い、元気な千葉の実現を目指します」というスカスカの文言が単なる「目標」として掲げられている。これを後退といわずして何が後退か。

前回欠席だったO委員も、「男女平等の理念がまだまだ達成されていない現状で、理念をはずしてしまうことは大変問題だ」と鋭く指摘。このほか、「教育の現場で『男女の違い』ということがよく強調されるが、それは男女平等が達成されてこそ言えること。性の違いを言うよりも、『性教育』こそが教育現場でしっかりと取り組むべきことで、子どもたちのためにもきちんと施策に入れてほしい」と胸のすくような意見をおっしゃった。

翻ってT県議。今日はいやにおとなしい。「『異性への暴力』という表現ではなく、圧倒的に男性から女性への暴力が多いのだから、『女性への暴力』ときちんと書くべきだ」という至極まっとうな意見に対し、驚くべき発言をなさった。

「いや、女性から男性への暴力も確かにあるんだ。私は母親からビンタをされて育ったし、家内からは言葉の暴力を受け続けている」

T県議の「原点」が分かった瞬間であったが、それはさておき、議論のすり替えも甚だしい。しかもなんと幼稚な意見か。「親から子への暴力」はT県議が「しつけ」とするお得意の分野であって、暴力なんて自ら認めていいんですかぁ、と思わず突っ込みを入れたくなった。

ともかく今日は前回と様変わり。男女平等推進派が意気軒昂。次々と3次計画原案を叩く。で、最後のほうで、これまで押し黙っていた校長先生の委員がひとこと。「前回と全く違う展開で、頭が混乱しています」このあたりで、「なんだかおかしい!」と、私の頭の中で警鐘が鳴り始めた。

それは最後の最後で、岡田委員が当局に確かめた1問1答で形を現した。岡田「今日の懇話会の意見を反映して、2次計画の基本理念が復活ということもアリですね?」課長「…それは、検討させていただきます」ここで、O委員以下多くの委員が「それじゃあ、なんのための懇話会なのよ!」と思わず声を発した。

会が終わり、部屋を出た一同。傍聴していたIさんがさすがに気がついた。「県の日程表をみると、あさってには部局長会議、12月1日からはパブリックコメント。じゃあ、今日出された原案がそのまま、まかり通るってことじゃない! 今日の議論は全く生かされないかもしれないよ」

むむむ。アリエール。今日のはガス抜き? アリバイ作り? 言いたいことを言わせる場?
だから、お二人は欠席? T県議もおとなしかった?

本当に、日程をみれば見るほど、「やられた!」と思う。
1回目の懇話会の意見は、その後十分時間をかけて、骨子に反映。
2回目の懇話会の意見は、ほとんどアトがない時間繰り。だから反映する余裕がない。
課長が言葉を濁したのもナルホド、納得、してやられた?

今日、これだけの意見が出て、それがまったく反映されないままなら、それはそれで大変なことだ。男女共同参画課のみなさん。色々大変な事情もあおりでしょうが、私の今日のブログがまったくのお門違い、見当違いだよと厳しいお叱りを受ける結果になるよう、がんばっていただきたい。




FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

19:13 県行政

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。