▶旧ブログのシステム変更のため、こちらに新ブログを移行しました。 →【旧・県県Go!Go!】アーカイブはこちら
▶当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

--:-- スポンサー広告

やっぱり知事は男女平等がお嫌い?

2010/11/16
本日、女性県議7人の名前を連ね、第3次千葉県男女共同参画計画の策定に関しての申入れを行った。

沼田知事の第1次計画、堂本知事の第2次計画に比べて、今回の森田知事の第3次は格段に「男女共同参画」のトーンが低くなっている。いくら曖昧な「玉虫色」の言葉を羅列しようとも、中身は世界の潮流や国の基本計画と照らし合わせ、大幅な低空飛行となってしまった。
2次計画までにはしっかりと書き込まれた「男女平等」という言葉が3次ではカットされている。これひとつ取っても、第三次が大惨事になったことは火を見るより明らかだ。

この背景には、県の基本計画の策定に大きく関与する「推進懇話会」に、森田知事肝いりのアンチ男女平等派数名が入り、大きな声で他を圧した結果、その意見がかなり取り入れられたことがある。

これ以上に問題なのは、先月から「第3次計画の申入れは、森田知事に直接会って行いたい」と私たち女性県議が何度も、何度も秘書室にかけあったが、門前払いを食ったことだ。
最初は「知事は国体があって忙しい。1分1秒も会える時間がない」ということだった。おかしいな。知事の日程を見ると結構スカスカ。午後2時や3時に退庁することもしばしばなのに…そして国体が終わっても「多忙を極めている」とつれない返事。「それなら、来年3月まで待ちますよ」とこちら側が提案すると、秘書室の言った言葉がこれ。

「このテーマ(男女共同参画のこと)は議会で議論できる。知事は皆さんにはお会いしません」

こうもはっきり言われると、「はい、そうですか」と思わず答えたくなるが、いかん、いかん。
しかし、あからさまである。身も蓋もないのである。木で鼻を思いっきりくくっているのである。

議会で議論できるったって、事前に質問は通告してすり合わせ、答弁は職員が書くのだ。知事との議論なんて皆無に等しい。更に驚いたのが、私たちの面談要求を蹴飛ばした直後、「千葉県の医療を憂える」自民党県議団と知事が面談したことが新聞で報じられた。「医療」では会えて、「男女共同参画」では会えない。今回、森田知事の奇妙な面談基準が明らかになったことだけは収穫だった。

そしていよいよ、明日、くだんの「男女共同参画推進懇話会」の2回目が開かれる。もちろん傍聴して、委員ひとりひとりの意見をオツムに刻み込む覚悟である。いざっ!

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

05:20 県議会

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。