▶旧ブログのシステム変更のため、こちらに新ブログを移行しました。 →【旧・県県Go!Go!】アーカイブはこちら
▶当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

--:-- スポンサー広告

新しい働き方とは?

2010/10/01
9月30日

連日の雨で早朝駅立ちが流れ、寝不足は解消されるが、日程は先送りとなり、非常に困ってしまう。

議員になる前から続けてきた駅立ち。有権者に訴えることができる大変重要な場である。
しかし、駅立ちだけを毎日こなすだけで議員になる人物も少なくない。政策を訴えることもなく、ただひたすら大きな声であいさつし、頭を下げる。これで議員になれるのだから、世の中、やっぱりおかしい。

午前中は自宅でたまっていた雑務を消化。午後から県ネットへ。
「県立美術館の閉館時間が午後4時半というのは早すぎる」というメールが県民から来たので早速教育庁の担当課にヒアリング。
このあと、船橋に向い、「協同労働の協同組合ネットワークちば」の学習会に出る。

「協同労働」とは何か。「協同労働の協同組合の法制化をめざす市民会議」のホームページを引用する。

生きることの基本である「働くこと」。しかし今、「労働」は商品のように扱われ、ないがしろにされており、人をだましたり傷つけたりすることが平気な社会を助長させています。その背景には、徹底した市場主義や競争主義の影響があるのではないでしょうか。
 まともに働きたい、と願う人々は増えており、それは「人間らしく働きたい・生きたい」という叫びです。私たちは「協同労働」という新しい働き方を通じて、地域の中に仕事をおこし、人間らしく働き、質の高いよい仕事を生み出しながら、地域・社会を再生していきたい。そのために「協同労働の協同組合」法を提案します。

「人間らしく働き続けたい」を実現する新しい働き方=「協同労働」

・「人間らしく働き続けたい」という願いをもつ仲間・市民が集い、みんなで出資して仕事をつくり出し、みんなで経営に参画し、人と地域に役立つよい仕事に取り組む協同組合。それが、「協同労働の協同組合」です。

・「働く機会をつくり出す」ことと「良い仕事を実現し、社会に役立つ」ことに道を拓く、「協同労働の協同組合」法。
「雇ってもらう」のを待つのではなく、<自分たちで仕事をつくる>その気持ちを、この協同組合法が支援します。

・「仲間と共に高まり合う」関係を育んでいく「協同労働の協同組合」は、今の企業経営や労働の質を変え、社会全体が「人間らしく働き・生きる」方向へ転換していくことを目指しています。



なかなか理解するのに時間がかかる「協同労働」だが、私たちの仲間は「ワーカーズコレクティブ」という名前で、ずいぶん以前から千葉県内で活動をしている。
佐倉市内でもリサイクルショップ「回転木馬」。誰もが「雇わず、雇われず」の平等な立場と賃金で仕事を作り出している。

最近めざましいのが、食器のリースを仕事とする「風車」。
不登校の親の会などで昔から一緒に活動してきた下村さんが共同代表となり、昨年から活発に取り組んでいる。「風車」は、引きこもりの若者や障害をもった人たちが、自分のペースで仕事に参加できるシステムだ。食器を貸し出し、回収した食器を洗って滅菌乾燥する。県ネットの元気ファンドも今年助成した。NHKや地元のケーブルテレビにも取り上げられ、共感の輪を広げている。
まだまだ事業の採算はとんと合わないが、新しい働き方のニューフロンティアとして発展してほしい。

温かい思いを胸に臼井の事務所で開かれる夜7時からの選挙対策会議に。
4年前の資料を見返しながら、来年の統一地方選挙への取り組みをみんなで話し合う。
私は「総合選対長」となった。
憎まれ役、大歓迎。鬼の選対長となって、バンバンみんなのお尻をたたきまくるぞ!!!

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

05:12 市民活動

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。