▶旧ブログのシステム変更のため、こちらに新ブログを移行しました。 →【旧・県県Go!Go!】アーカイブはこちら
▶当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

--:-- スポンサー広告

最高でも県外:懲りずに山登り

2010/08/08
8月3日から7日まで夏休みを取った。県外脱出である。

毎年この時期の「命の洗濯」でお世話になっている白馬乗鞍のペンションが、今年は休館。仕方がないので、今回は蓼科へ出かけた。
恒例の山登りは、今年は北横岳。山登りというよりは山ウォーキングと言うべき手軽なコースだ。登山靴でなくで十分登れる。
でも標高は2480メートル! ラクラク登れる秘密は、かなり上のほうまでロープウェイで行けるからだ。頂上征服の証拠写真。↓

北横岳 

ふとまわりを見渡せば中高年のハイカーばかり。恒例登山は高齢登山とあいなった。

蓼科には2泊して、そのあと、これまた恒例の「ひたすら南下」ルートを取って伊豆へ。西伊豆の最南端で、夫が「通いづま」ならぬ「通い農夫」をやっている。ほとんどほったらかしの畑には、それでも健気に野菜たちが育っていた。

収穫の一部↓

とれたて野菜 

今回の南下で気になったのは、長野でも山梨でも静岡でも、シャッター街が確実に増えていること。通過する町がどこもさびれ果てている。立派な道路を通し、立派な設備を建て、気が付いたらこのザマだ。行政にきちんとした「道路政策」と「まちづくり」のビジョンがないから、日本全国で破たんが起きている。

アクアラインができてからの木更津市の疲弊もその好例だ。800円化が例え続いたとしても、千葉県をふくむ首都圏の道路政策が場当たり的なものにすぎない以上、さきゆきは暗い。

それ以上に気になるのは環境破壊。
伊豆ではこのような山肌を見た。採石場であるが、千葉県の山砂採取の現場とそっくりだ。 

採石場  

西伊豆の「農場」は携帯の電波が通じない僻地であったが、今年は近くにKDDIの電波塔が建ち、めでたく携帯が通じる地域となった。とたんにあちこちから電話が入り、「命の洗濯」も中途半端なものに… 

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

07:15 日々のつれづれ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。