▶旧ブログのシステム変更のため、こちらに新ブログを移行しました。 →【旧・県県Go!Go!】アーカイブはこちら
▶当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

--:-- スポンサー広告

沖縄視察その①~景住ネットへ1泊2日の旅

2010/07/07
7月3日(土)~4日(日)

「景観と住環境を考える全国ネット(通称:景住ネット)」の沖縄大会に参加するため、早朝より那覇に飛ぶ。

景住ネットは、建築紛争を抱える全国各地の市民団体の代表者や学者、法律家、建築家などで2008年7 月に結成された。各地の紛争解決へ向けた取り組みだけなく、地域住民が守り育ててきた住環境や歴史的景観がいとも簡単に破壊されてしまう現在の日本のシステムを変えるために、まちづくりに関する法律(都市計画法や建築基準法など)の抜本改正を求める運動も行っている。

3日は「那覇新都心・おもろまち」の会場で各地からの報告を聞く。
宜野湾市の伊波市長が「普天間基地の跡地の利用」について報告を行った。「世界一危険な空港」と呼ばれる普天間基地。その跡地を「観光リゾート地」「住宅地区」「市民センター地区」などとゾーニングしていくのだ。まずは返還させることだが、跡地利用がちょっと「陳腐」な気がしている。
観光リゾート計画などではなく、宜野湾市でしか出来ない利用法はないのだろうか。

京都からは銀閣寺近くの小さな森が宅地造成のため取り壊された事例報告。銀閣寺は世界遺産に登録されているが、建物だけではなく、周辺の森も含めての「景観」が世界遺産に登録されているのだから、抹消もあり得るだろう。米軍は太平洋戦争のとき、京都は守るべき景観だとして爆撃を加えなかった。
一方今の日本人は、京都の景観を破壊することになんの躊躇もない。

このあと、ご当地那覇市の「おもろまち」超高層ビルの建設に反対している住民グループから報告があった。那覇市の新都心と呼ばれる広大な「米軍返還地」。ここに突如100メートル高さのビルが出現するのだ。

すべての報告が終わると会場をばたばたと片付けて懇親会が始まった。もちろん、オリオンビールで乾杯!
(この項続く)


FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

05:13 視察報告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。