▶旧ブログのシステム変更のため、こちらに新ブログを移行しました。 →【旧・県県Go!Go!】アーカイブはこちら
▶当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

--:-- スポンサー広告

保坂のぶとさん、佐倉に来る!】

2010/06/08
6月6日(日)
 
午後より佐倉市立美術館で、保坂のぶとさんを講師に招き「どうなる!?沖縄普天間基地」を開く。
先日県ネットでも同じテーマで講演会を開いたが、あれから12日しかたっていないのに、事態が大きく変わった。社民党が政権離脱。鳩山さんが辞任し、菅さんが新首相に。しかし、菅新首相は普天間基地問題に関し、「辺野古案」という日米共同声明に従うのみという残念な態度表明。それでも世間は「イエス、ウイ カン!」というわけか、民主党への支持率はアップ。社民党も福島瑞穂さんの奮闘が好感し、微増に転じた。

保坂さん、本日も絶好調。分かりやすく沖縄問題をときあかしていく。

保坂さんin佐倉 

冒頭で「世界一危険な普天間基地に行ったことのある人はいますか?」と会場に聞いた。すると、10人以上の手があがり、保坂さんビックリ。ふつうは一人か二人くらいだそうな。実はさくらネットでは一昨年、沖縄平和ツアーを企画し20数人が参加している。そのうちの何人かが今日会場に来てくれたというわけだ。

「普天間基地が危険だからどこかへ移そう、じゃあ辺野古だ」という話は全くのでたらめ。保坂さんは、辺野古に巨大な軍港を作ることは普天間基地ウンヌンではなくて、以前からあった話だということを詳しく説明。

なぜに辺野古か。
①辺野古のある大浦湾は沖縄沿岸にしては珍しく水深が深い。大型船が入りやすく軍港にはうってつけ。 
②オスプレイという新しい大型ヘリの離発着には、事故が起きた場合のこともあり、海上基地がよい。
③すぐ近くにやんばるの森林地帯が広がり、オスプレイなどのジャングル降下訓練にはおあつらえ向きの場所。

こうした米軍にとってはラッキー、沖縄にとってはアンラッキーな条件が重なり、辺野古に基地を作る計画は動かぬものになったのだ。

オスプレイはこんな形の大型ヘリコプター。上下だけでなく、水平に進むことができる。 

オスプレイ 

ただし事故が大変多く、これまで39人の米兵が死亡。「未亡人製造機」と呼ばれている。

保坂さんは「思いやり予算」についても言及。日本に置かれている米軍基地のために毎年2000億円私たちの税金が払われている。17年間の総合計は3兆数千億円にもなる。アメリカに土地も金も湯水のごとく差し出して、更にこれからも続けていくのか。

また、外国への殴りこみ部隊にすぎない沖縄の海兵隊が「抑止力」になどなるはずもない。
(余談だが、この「抑止力」という言葉。今年の流行語大賞になると思う)

日本にのみ不利な条件を押し付けている日米安保は段階的に見直し、最終的には日米対等の「平和条約」を結ぶべきだと保坂さんは結論づける。イエス、ウィ キャン!

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

05:27 人権と平和

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。