▶旧ブログのシステム変更のため、こちらに新ブログを移行しました。 →【旧・県県Go!Go!】アーカイブはこちら
▶当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

--:-- スポンサー広告

9条にあげたいノーベル平和賞!

2010/05/03
タイトルは、数年前県ネット情報紙のお正月号の巻頭をかざったカルタの文句。自作ながら、結構気に入っている。

毎年5月3日の憲法記念日には、護憲派の講演会に行くのだが、今年はこれ!
松戸で開かれた「益川敏英さん講演会」。

益川さんは言わずとしれたノーベル賞受賞の物理学者。受賞直後、「たいして嬉しくない」とコメントして物議をかもした素敵な益川さん。ひょうひょうとした独特の味わいが気に入って、ひそかに「マイ・フェイバリット」コレクションに入れてある。だから、息子夫婦ともども4人で松戸に馳せ参じた。

講演に先立ち、わがニューフィルハーモニーオーケストラ千葉の演奏があった。これがまた、9人の弦楽奏者による素晴らしい演奏で、前座と言うにはもったいない演目。「春の小川」のバロック風演奏など、楽しく、心地よい音楽に聞き惚れた。

さて、お待ちかねの益川さん。
期待にたがわぬ「仙人」ぶりで、話は脱線に次ぐ脱線。訥々と、ひょうひょうと、ご自分の体験から得た憲法への思いを語ってくださった。

往年のドイツの女優ロミー・シュナイダ―のファンらしく、二度も彼女の名前が出た! 

益川さん

益川さんの「原体験」は第二次大戦中の名古屋の空襲。焼夷弾がご実家の屋根を突き抜け床に突き刺さった。幸い爆発しない不発弾だったので一命を取り留めたが、もしあのとき爆発していれば焼死は確実。良くて大やけどだったろう、と思うと、後で本当に怖くなった。怖くなって、戦争は絶対いやだと、心から思ったそうな。

国の交戦権を否定している9条は、今もきちんと機能していると益川さんは断言する。だからこそ、不審船がやってきても、ソマリアで海賊に襲撃されても、こちらから先に発砲することはない。9条を変えようという輩は、先に発砲したい。宣戦布告をしたい。だから9条が邪魔で仕方がない。

質疑応答のときも傑作だった。
「何か体にいい運動など、健康法をやっていますか?」と聞かれて、即座に「運動というものは、組合活動以外やったことがありません!」
奥様とのなれそめについて聞かれると、「僕は運命の赤い糸は信じない。会うのは【偶然】で、それがお互い、この人と生涯連れ添ってもいいなとなると、それが【必然】に変わる。蓋然性とはそういうものだ」

また、200年後には地球上から戦争はなくなっているだろうと、真顔でおっしゃる。歴史を見ていると、200年単位で大きく変化している。黒人のアメリカ大統領が出るなどと、ほんの50年前には誰も信じなかったし、植民地というものも形の上では70年代に消えてしまった。人間は一人一人はあまり良くないかもしれないが、総体的には良い方向へと行くのではないか。

みんなが戦争はいやだと思えば100年でなくなる。そのあと揺り戻しがあるだろうから、また100年かかる。それで、合計200年も経てば戦争はなくなっているという次第。ぱちぱち。
こんな楽天的で、アバウトな人間観、いいなぁ。

今朝の朝日新聞では、9条改正には67%の人が反対しているという。安倍首相のときは、改正に賛成・反対が拮抗していたのだから、危機は一応脱したと見るべきか。

松戸市民会館の広いホールに立ち見が出るほどの盛況ぶりに、やっぱり9条改正反対の意思は根強く市民の間にあるのだなと、意を強くした午後5時であった。

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

22:38 人権と平和

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。