▶旧ブログのシステム変更のため、こちらに新ブログを移行しました。 →【旧・県県Go!Go!】アーカイブはこちら
▶当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

--:-- スポンサー広告

親権に真剣!】

2010/04/25
4月24日(土)

自立援助ホーム「人力舎」さんが主催する講演会を聞きに千葉市へ。
テーマは児童虐待と「親権」について。

子どもへの虐待が止まらない。毎日のように、子どもが親からひどい暴力を受けて傷つき、命を奪われる事件が新聞に出る。一番読みたくない記事だが、目をそむけていては問題は解決しない。

親とは何だろうか。子どもは親にとって、所有物なのか、独立した他人なのか?
虐待を繰り返す親から子供を守るため、法務省は昨年から、親権を一時的に停止する新しい法制度創設の検討に入った。民法改正を視野に、専門家らによる研究会で議論を進め、今年1月に報告書が出された。

この報告書を中心に、駿河台大学の吉田恒雄さんが解説してくださった。
ともすれば、「子どもを叱って何が悪い? 親としては当たり前だ!」とする日本社会。ひどい体罰も「親の懲戒権」だとして認める声も多い。この「懲戒権」を廃止して、どんな場合でも体罰は禁止すべきだと私は思う。

虐待が疑われる家に行政が強制立ち入りするとか、子どもに近づいては行けないという「接見禁止」を出すとか、児童虐待防止法もずいぶん改正されてきたが、親と児童相談書などとがどうしてもぎくしゃくした関係になってしまう。このへんの親権問題とのかねあいがむずかしい。
内容をもっと詳細に書きたかったが、自分自身まだきちんと把握できていないので、勉強します。

それはともかく、今日はとても良いお天気だったので洗濯をいっぱいして、外に出た。だが、あああ、帰り道でいきなりの雨。千葉市から四街道市だけの通り雨かと思ったら、佐倉に近づくにつれて雨が激しくなり、もはや我が家の洗濯ものの運命は火を見るより明らかになった。

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

05:38 イベント・勉強会

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。