▶旧ブログのシステム変更のため、こちらに新ブログを移行しました。 →【旧・県県Go!Go!】アーカイブはこちら
▶当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

--:-- スポンサー広告

予算委員会2日目:千葉県はダブルスタンダードの八ツ場ダム

2010/03/13
(3月9日)

新政権が「中止」を表明している八ツ場ダム。関連工事は継続されているが、本体工事は着工しないことが明言され、新年度予算には入っていない。

ところが、「八ツ場ダム続行」を声高に主張する森田知事が、千葉県の新年度予算に八ツ場ダム本体工事の予算、2億5600万円を計上したことは、このブログでもお知らせした。
代表質問でもこの件をただしたが、再び予算委員会でも追及。

質問(大野)
「先の代表質問で、自民党政権時代の予算付けをそのまま踏襲し、新年度予算に本体工事を入れたが、千葉県は現政権ではなく、旧政権の基準に従うのか」

答弁(総合企画部長)
「河川法、特定多目的ダム法、それぞれに基づく基本計画がいまだ変更されていない。千葉県は政権に従うのではなく、法律に従って予算付けを行った」
(議場にいる自民党県議から「そうだ!そうだ!」のヤジ)

質問(大野)
「河川法を持ち出されたので指摘したい。実は、河川法が改正されて以来、河川法に基づく整備基本計画はいまだ策定されていない。今後、八ツ場ダムなしの基本計画を作ればよいだけの話だ。もうひとつ、水源開発促進法に基づく計画、いわゆるフルプランがあるが、戸倉ダムのようにまず中止をしてから、そのあと手続きを踏めばよい。また、問題の特ダム法は、これから知事の意見照会や議会の議決など粛々と手順を踏んでいけばいいのであって、今いきなり全部やれというのは非常識ではないか」
しかし、部長は千葉県がダブルスタンダードを取っていることを、頑として認めない。

このほか、「初めから不用額になると分かっていながら支出することが、地方財政法に抵触しないのか」と聞いても、「国から具体的な指示がない」などと答弁は全くのすれ違い。

本体工事費2億5600万円があれば、年間1000件の設置要望が県民から寄せられている「信号機」も、あらかたクリアーできるのにね。

本議会で話題になったドクターヘリ。くさいドクターヘルメットもよれよれのドクターベストも新品が買えるのにね。
「今後、現政権での国交省が検証を終わり、新たな治水・利水の基準を示せばそれに従うのか」と聞くと、「千葉県として、検証し、検討する」というような趣旨のことを答えたので、「自民党政権の時から、千葉県として検証すればよかったのに」と皮肉ってやった。

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

13:38 県議会

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。