▶旧ブログのシステム変更のため、こちらに新ブログを移行しました。 →【旧・県県Go!Go!】アーカイブはこちら
▶当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

--:-- スポンサー広告

アクアラインは打ち出の小づち?

2010/02/23

2010年の当初予算は、森田知事にとって森田カラーを前面に出した初の予算編成。
目玉は乳幼児医療費助成と、私学助成の拡大である。そして、忘れてならないのは?そう、森田と言えばアクアライン800円。アクアライン800円と言えば森田。

このアクアライン社会実験については先日お知らせしたように、森田知事は09年度の国からの交付金の余った金を「財政調整基金(貯金)」としていったん積立て、10年度予算でアクアライン社会実験の費用として15億円(ほぼ全額)を引き出した。これについて知事はこう言い放った。
「国からの交付金だから、千葉県の腹は痛まない」
冗談じゃない。千葉県でなくても国民の腹は痛んでいるぞ。それに、15億円あったら医師確保、看護師確保、障がい者や高齢者のサービス充実、生活道路整備などもっと県民が望む施策に使えたはずだ。アクアライン800円にこだわるのはお門違いもはなはだしい。

定例記者会見でも、アクアラインを起爆剤に千葉県の地域経済を活性化していくと、ナントカの一つ覚えのように言いつのる。アクアラインさえ安くすれば、千葉県はすべてハッピー、なんでもOK、ノープロブレムの世界。打ち出のこづち!そして、ついにこんなものが発表された。

「東京湾アクアライン活用戦略 ―行動計画―」

2010年から2012年までの3年間で、アクアラインを活用した地域づくりに取り組んでいくための基本的施策とのこと。中身を見て驚いた。 「観光の振興」の目標指標として次のようにある。

◆観光入込客数 → 08年の4828万人を、2012年には5200万人に増やす。
◆宿泊客数   → 08年の 469万人を、2012年には 576万人に増やす。

これだけ見れば、誰だってアクアラインを利用しての客数の増加だと思うだろう。ところがどっこい!県の説明では以下の市町村の観光客の総数だという。地元木更津市から南房総市、館山市、勝浦市、鴨川市(ここらまでは分かる)、市原市、山武市、いすみ市、銚子市、長生郡、夷隅郡、山武郡…おい、おい、おい、である。
これらすべてがアクアラインを利用してやってくる客であるわけがない。

そして、アクアラインで観光客を増やす事業として、51事業が並ぶ。
◆アクアライン料金引き下げを活用した観光プロモーション事業。1870万円。
これはそのまんま。納得である。ところが次第に、アクアラインとは別に関係のないものが並び始めるのだ。
◆県立博物館企画展の開催。402万2千円。
(えっ、アクアラインを使って県立博物館に来るってか???)
◆河川環境整備事業。5億4582万8千円。
 「良好な河川環境を確保し、増加する観光客をはじめ誰もが安心して利用できるよう 除草や、堤防、護岸の補修などを実施する」これって毎年計上される普通の河川環境課の予算じゃないの。

そして、極めつけがコレ!!!

◆ヤマビル対策事業。28万円。 
  森ビルの新しいビルではない。
 「アクアラインを利用して大勢が訪れる南房総の山にはヤマビルが生息しているので、来訪者に吸血被害を防止するための方法を周知すると共に、ヤマビルが生息しにくい環境づくりに取り組む。」むむむ。吸血被害を防止する方法ってナニ? 夏でも長そでに長ズボンを着用することか。周知するとは看板でも立てるのか? かえって客はビビッて来なくなるだろう。それに、ヤマビルが生息しにくい環境づくりとは・・・? 殺虫剤を28万円分捲くとか???
全編この調子。まるで、アクアラインさえ安くすれば、客はホイホイ、企業もホイホイとやってくる。

植木等ワールドである。「♪そのうち、なんとか、な~るだ~ろう~」

 

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

06:17 県行政

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。