▶旧ブログのシステム変更のため、こちらに新ブログを移行しました。 →【旧・県県Go!Go!】アーカイブはこちら
▶当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

--:-- スポンサー広告

市民ネットワーク千葉県・総会 & 新年交流会

2010/01/24
1月23日(土)市民ネットワーク千葉県の第17回総会が開かれた。
今回、2年に1度の役員選挙が行われ、私は2回目の共同代表に立候補。市民ネットワーク千葉県(略称:県ネット)の共同代表は、県議・市議・一般の3人で構成する。この2年間、県議枠の共同代表を務めて、一番大きな出来事はやはり昨年の知事選だった。吉田平氏を推薦するまでの過程、そして推薦決定後から選挙結果までの取組みなど、ネット内外から多くの意見、指摘、叱責をいただいた。納得できない指摘も少なからずあったが、それも「代表」としては受け止めざるを得ないと自分で自分を納得させた。
 
森田知事になって早くも1年が過ぎようとしている。
教育の保守回帰、男女共同参画の危うさ、情報公開と県民参加の大幅な後退など、懸念していた事態が矢継ぎ早に起こっている。特に教育に関しては、森田「右傾化」路線が予想を越えるスピードで進んでいる。
 
分かっていたはずだ。言わんこっちゃない。などなど、怨嗟の恨み節がつい口をついて出てくるが、それもこれも、自分の代表としての非力さ、無力さから来たこと。生まれたこと。もう一度代表を引き受ける気持ちは年末にかけて、100%消えていた。
 
しかし、年が明け、1月23日に日本教育再生機構が「県民タウンミーティング」と称する戦前回帰の教育を千葉県に持ち込もうとする集会を開くと知り、頭の中に「危険!危険!」と警報が鳴り響いたのである。しかも、あんのじょう、森田知事があいさつをする。昨年の「千葉県の教育を元気にする有識者会議」の提言を受けて、その上で「県民の意見をさらに広く聞く」という形を今回のタウンミーティングで取るのだろう。そして、千葉県の教育振興基本計画にそれらを120%盛り込み、挙句の果ては「新しい歴史教科書」を千葉県で採択させようという魂胆だ。
 
「なんとかしなくては」
自分が何とかできるはずがないことは重々わかっているが、周囲の声の後押しもあり、再度代表に立候補した次第。おりしも、県ネット総会のこの日、少し離れた会場で、森田知事のくだんの「自称タウンミーティング」が開かれていたのである。
 
総会自体はあまり波瀾もなく終了した。
ただし、代理人活動費(議員報酬の中から議員個人がもらうお金)については厳しい意見が出た。一般市議上限280万円、政令市議上限300万円、県議上限320万円、という手取り年額であるが、「これでは生活できず、若い人がネットの代理人になろうとはしないだろう。もっと代理人の手取りを増やすべき」という意見である。
 
私はそうは思わない。昨今の社会状況では、年収280万円~320万円は、もはや低所得とは呼べないのでは?
昨年秋、国税庁が発表したデータがある。
2008年の平均給与額は、429万6000円。97年の467万3000円をピークに、2008年は37万7000円も減少しているわけだ。同時に重大なのは、年収200万円以下の給与所得者が1067万5000人もあり全体に占める割合は23.3%で、4.3人に一人となる。1000万人を超えるのは3年連続である。また、年収300万以下の人が67万7000人増えて1819万5000人で全体の39.7%となっている。
 
しかも、市民ネットの理念は「全員参加のボランティア型活動」。代理人と呼ばれる議員だけではなく、さまざまにネット活動を支える仲間たちがいる。大半が無償で、有償の者でも時給が300円程度はザラだ。なぜ、代理人だけが高い報酬を保障されるのか?そもそも、「代理人報酬」は生活費なのか? 
また、ネットは4年に1度の選挙でリストラが確実に行われ、今よりも議員が減る可能性が多い。減らないとしても、議員報酬自体がカットに次ぐカット。県ネット全体の収入は今後減ることはあっても増えることはまずない。それでも、議員になったものだけが、報酬を増やされるのか?パイが変わらないのだから、ネット活動費のほうにしわ寄せが来てもいいのか?
 
ただし、若い人にとって、ネットの代理人になることが魅力があるかどうかは、大いに議論すべき問題である。今後、運営委員会の中で、カンカンガクガク、ケンケンゴーゴー、議論を深めていきたい。
 
総会の終わるころ、千葉市長の熊谷さんが到着。
ちょうど、この日の道徳教育タウンミーティングに来賓として出席し、挨拶をしてきたばかり。生々しい現場報告もしていただく。森田知事は案外おとなしい発言だったとのこと。???
 
熊谷千葉市長と川本さんと 
総会終了後、熊谷市長と川本さんと共に
 
また、5月に市議選がある市民ネットワーク・のだ。2期目に挑戦する岡田さわことともに、新人の小室みえ子さんが紹介された。4日前に決心したばかりというが、堂々として既に代理人の風格を漂わせているのにはびっくり。がんばれ、小室さん!!!
 
のだネット 
のだネットのアピール。左から3人目が小室さん。一人おいて岡田さん。
 
総会のあと、恒例の新年交流会が開かれ、多彩なゲストも大勢参加。
市川のガンバの会の副田さん、白井市長横山くが子さん、会派の小宮清子さん、衆議院議員の奥野さん、田嶋さん、そのほか、本当に多くの方が参加してくださった。閉会のあいさつとして、最後の締めに私が言わせていただいた言葉を書いて、この項の締めとさせていただく。
 
朝の来ない夜はない!
春の来ない冬はない!
知事の変わらない千葉はない!!!

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

23:16 ネット活動

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。