▶旧ブログのシステム変更のため、こちらに新ブログを移行しました。 →【旧・県県Go!Go!】アーカイブはこちら
▶当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

--:-- スポンサー広告

土石審議会が開かれます

2010/01/23

鬼泪山国有林の山砂採取を審議する3回目の「土石審議会」の開催が決まった。
 
日時:2月9日(火)午後1時半~
場所:三井ガーデンホテル千葉 4階天平の間
 
傍聴は130名。希望者は往復はがきで事前申し込みをしなければならない。

●申込先
〒260-8667 千葉市中央区市場町1-1
 千葉県商工労働部保安課資源対策室
 電話:043-223-2735
 
1年前の第一回のときは、120名入る会場に午前中から希望者が押し寄せ、結局160人くらいになり、県側も大幅に傍聴者数を増やしてくれたが、それでも入りきれず、入場をあきらめて帰った人もかなりいた。今回は混乱を防ぐために往復はがきにするとのこと。業者側が大量に申し込みをしてくることが予想される。鬼泪山を守りたい人! 国有林を守りたい人! これ以上環境破壊をさせたくない人!どうか、こぞって傍聴の申し込みをしていただきたい。
 
そして、運よく抽選に当たったら、会場までお越しいただき、じっくりと土石審議会の各委員の発言を聞いてほしい。信じられないことだが、この審議会は元々山砂採取を許可するために開かれてきたので、審議会の構成員に、山砂関係の業者やダンプ業者が入っているのである。これでは公正中立な、まともな審議ができるわけがない。さらに、県議会議員にも問題が多い。鬼泪山を削れば、富津市の飲み水の36%をまかなっている井戸を枯らす恐れがあるという意見を、「風評」だと片づけたりしている。
 
先日も書いたが、山を削っても地下水脈に影響しないというほうが、証明がむずかしいだろう。土石審議会、および千葉県は、ぜひともこの点をきっちりと検証してほしい。都合の悪いことを「風評だ」として蓋をするなど、論外である。

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

06:00 県行政

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。