▶旧ブログのシステム変更のため、こちらに新ブログを移行しました。 →【旧・県県Go!Go!】アーカイブはこちら
▶当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

--:-- スポンサー広告

森田知事にバースディ・プレゼント!

2009/12/18
森田健作氏の「完全無所属」疑惑。
これは有権者を欺いた、公職選挙法違反ではないかと私たち「告発する会」が告発したのが4月15日。半年後の9月30日、千葉地検によって不起訴となり、第1ラウンド終了。

続いての第2ラウンド!カンカンカーーン!
12月16日、西島弁護士を中心に、更に強力な弁護士集団が応援に加わり、「不起訴は不当」として、検察審査会に「審査申立書」を手渡した。4月に告発人となっていただいた853人のうち、218人が申立人となる委任状を下さり、目録とともに提出。

この日は奇しくも森田氏の60歳の誕生日。
空前絶後の還暦祝い???

写真は、その218人の委任状を手にして、西島さんと千葉地裁の前で。

地裁の前で西島弁護士と


続いて記者会見を開く。県庁不正経理の調査結果発表が2日後に迫り、新聞記者さんたちの動きが不穏。会見には集まってくれるだろうかと不安があったが、各社が参加してくれホッ。還暦を過ぎて○○年の井村代表の力強いあいさつが、会見室に響き渡った。 

記者会見 

4月に告発したときは、相手は頭の固い千葉地検のお役人だった。権力を持った特殊な人たちだから、権力を持った人間への告発には慎重になるのだろう。同席した中丸弁護士、植竹弁護士は「選挙違反の処分決定に6ヶ月もかかるとは、非常識だ」とコメント。そうなのだ。自民党の支部代表である人間が「完全無所属」と名乗ってもお咎めなしとは、今後、有権者をどんな手口を使ってだましても、お咎めなしとなることではないか。本当に「非常識」きわまる検察庁の決定なのだ。

しかし、今度の不服申し立ての相手は、一般市民から選ばれた11人の検察審査員。「常識的な一般人」の感覚で審査してくれることを、心より願う。

森田知事は現在、「千葉の教育をニッポンいちにする!」とこぶしを振り上げているが、「ウソをついてもばれなきゃ構わない」「ウソをついてもつかまらなきゃ構わない」というその姿勢が、果たしてどんな影響を千葉県の子どもたちに与えるか、考えてみたことがあるのだろうか?

17日に開かれた「千葉県の教育を元気にする有識者会議」の最終回。知事に提出する「答申」のまとめが行われたが、相変わらず非常識な発言をする日本大学の百地教授には、心底背筋が寒くなった。「ジェンダー教育の弊害を是正すべし! 男女混合名簿を廃止すべし!」

これに対し、宮本委員などから「ジェンダー教育の弊害とは何か。あるのか無いのか。議論があることを、提言に盛り込むべきではない」「男女共同参画を否定しないように」と、発言がありホッとした。しかし、百地教授が発言したさい、いつもは姿を見かけない森田知事熱烈支持者の県議たちが、タイミングよく傍聴席から拍手をするなど、示し合わせた形跡がアリアリ。これら男女同権を否定する御仁たちを、有権者にどのように説明していくか、知恵を絞らねばならない。

県庁に戻る頃には既に真っ暗。
千葉県の教育の行く末も真っ暗だなあと、夜空を見上げたのだった・・・

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

11:03 市民活動

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。