▶旧ブログのシステム変更のため、こちらに新ブログを移行しました。 →【旧・県県Go!Go!】アーカイブはこちら
▶当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

--:-- スポンサー広告

市議ブログ開始

2011/05/30
お知らせ

県県GO!GO!は4月29日をもって終了しましたが、佐倉市議となって気持ちも新たに「大野ひろみのクラクラさくら」が始まりました。

「大野ひろみのクラクラさくら」

県県Go!Go!同様お読みください。
スポンサーサイト

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

07:24 日々のつれづれ

8年間ありがとうございました。またお会いしましょう!

2011/04/29
とうとう4月29日が来てしまった。
新しく当選した、友子さんと入江さんは明日30日からの任期となる。
 
先日、新会派の打ち合わせに参加するため久しぶりに県庁を訪れた際、名札掲示板の自分の名前を押そうとしたら、ない! ないったら、ない!
いつもの場所には何も書かれていない白い札が… 吉川さんのはまだあるのに。
そうだ、自分は既に失職していたのだ、とそこで気が付いた。
4月17日、市議選に立候補の届け出をした時点で失職をしているのだった。
 
そこで、このブログ「県県ゴ―ゴ―」も本日をもっておしまいとなる。
最後のブログ。今、一番気になる福島の子どもたちのことを書きたいと思う。
 
高木文部科学大臣は4月15日、福島県の学校内の放射線量の基準を年間1ミリシーベルトから、なんと20倍の20ミリシーベルトに引き上げた。理由は「基準が1ミリのままだと、子どもたちに学校を頻繁に移動させることになる。それはできない」おい、おい! 子どもたちの命より、行政の都合のほうが大事なのか!?呆れてものが言えぬ。
 
この20ミリというのは、国際放射線防御委員会(ICRP)が2007年に出した勧告に基づいたもの。しかし、これは対象が「大人」なのだ。
しかも、ICRPのいう20ミリとは、「ここまで被ばくしてよい」という値ではなく、「これ以上は絶対に被ばくしてはいけない」という上限値なのだ。
子どもは大人に比べて放射線の影響を受けやすいというのは、もはや常識。
ICRPの示した参考レベルの上限値、つまり大人でも「これ以上は絶対に被ばくしてはいけない」という線量限度を子どもの基準にするとは、福島の子どもたちはどうなっても良いというに等しい。
 
当然のごとく、福島県内のお母さんたちの間で不安が広がっている。
「子どもたちを放射能から守るための集会」が県内で開かれているが、一刻も早く子どもたちを安全圏に避難させたい、学童疎開させたい、という声がいっぱいだと言う。
 
「福島老朽原発を考える会」(略称「フクロウの会」)のホームページには、保護者の不安な声がたくさん書き込まれている。一例を紹介。
――――――――――――
白河市に住む母親です。
PTAに対して、ネットで探した色々な資料をプリントアウトし、教頭先生にも渡してもらいました。
(年間1ミリ公衆被曝限度の話しやチェルノブイリでは年5ミリで移住など)
子どもが、明日、学校で50m走を屋外でやるそうです。理科で屋外活動もするというのでです。
運動会もやるそうです。
教頭先生は資料は読まなかったのでしょうか!知らないフリをしているのでしょうか。
先週の土曜日広島大の先生が来て話しがあったそうですが、全く問題ないと!
世の中には自然界からも大量の放射線をあびているといわれたそうです。
ホコリで吸い込む内部被曝は?PTA会長に渡した資料は役に立たなかった。
うちの子だけ転校も考えました。
でも、それでは子どもがあまりにもかわいそうではないですか?
子どもに何の非があるのですか?
広報白河にも堂々と「毎時20マイクロでも問題なし」と書かれています。誰も疑問を持ちません。
―――――――――――――――
本当にいても立ってもいられないお母さん方の叫びが聞こえてきそうだ。
この、福島のこどもたちを見殺しにする文部科学省の「子どもに対して20ミリシーベルト」の撤回を求める要請への緊急署名がネットで行われている。皆さま、ぜひご協力を!
以下、その詳細。
 
★ネット署名の要求項目は2つです。これに対する回答を求めます。
・子どもに対する「年20ミリシーベルト」という基準を撤回すること
・子どもに対する「年20ミリシーベルト」という基準で安全とした専門家の氏名
を公表すること
 
★ネット署名は、第一次集約分で3万3千を超えました。すごい勢いで広がって
います。まだ署名を受け付けています。最終締切は4月30日(土)23時で
す。よろしくお願いします。
 
 
以上で「県県ゴ―ゴ―」はひとまず終了です。
また、いつか、ひょっとしたら「佐倉市ゴ―ゴ―」なんて名前でお目にかかる日が来るかもしれません。
皆さま、長い間のおつきあい、本当にありがとうございました。
 
                      大野ひろみ
 

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

11:50 日々のつれづれ

今年もバケツ。新春5連発!

2011/01/10

6日から本格的にいつもの「バケツをひっくり返したような」毎日が始まった。

 

1月6日(木)

午前11時より、エコテックの県交渉に参加
12年前緑豊かな東総台地に計画された産廃処分場。飲み水などの汚染を懸念する住民が反対運動を開始。2007年千葉地裁、2009年東京高裁、2010年最高裁、連続三連勝で住民側の勝訴が確定した。
しかし、県の判断は、業者への産廃処分場設置許可は取り消されたが、「許可申請」はそのまま生きているという解釈。その後も、業者に対して、県は「どうするのか?許可申請を出し直すのならここをこういうふうにするべきだ」などと、「指導」している。
これは住民にとっては理解できない。なぜ業者を親切に指導するのか?ほっとけばいいじゃないかというのが私たちの偽らざる心境だ。
業者はこのような県のご指導のせいか、いまだ現地の計画をあきらめてないとのこと。12年間も業者と県に翻弄されてきた住民の方々は、最高裁で判決が確定しても、まだ枕を高くして眠れないのだ。ああ、理不尽。ああ、無情。ああ、無策!
 

とんぼ返りで佐倉へ。市議・県議のリーフについて弘報社と詰める。公選はがきも3人分作成していたら、あっという間に夜6時半からの選対会議に。総合選対長は候補者になるより格段にしんどい。

 

1月7日(金)

午前中は「ひったくり」について県警にヒアリング。昨年度のひったくり件数、千葉県は長年チャンピオンだった大阪府を抜いて、不名誉なトップの座を獲得した。大阪府は昨年、前年より1000件も減らしたと言う。千葉県が見習うべきところはなんなのか、これからじっくりと検証していきたい。

 

午後からは「千葉県歯・口腔保健審議会」の傍聴。
昨年の2月議会で、私たちが大反対してきたフッ素集団洗口(うがい)を盛り込んだ県条例成立。
条例を受け、「千葉県歯・口腔保健計画」を作るのがこの審議会の目的である。配られた計画の素案を見ると、なんと、心配していた「フッ素集団洗口」は入っていない。
ただし、第4章に「フッ化物応用等のむし歯の予防対策」があり、「フッ化物応用(個人の場合)などは、県民に対して正しい情報を提供し、個人の自由な選択のもと、県民の利用について積極的に支援を行っていきます」とある。
個人の使用の場合には自由意思のもと行うのが当然。それを「積極的に支援」とはこれいかに?これも、まだまだ枕を高くして寝るわけにはいきまへん。もちろん、北海道のようなしっかりとフッ素集団洗口を盛り込んだ計画が作られなくて良かった!

 

このあと県ネット平和部会。そのまま新年会になだれ込む。しっかりと飲みました。

 

1月8日(土

生活クラブ新年会。稲毛の無農薬料理素材を使ったレストラン「四季こよみ」で開かれた。
堂本前知事、熊谷千葉市長も出席。今年1年、お互いにがんばろうとエールの交換。
生活クラブグループの9団体がそれぞれ自己紹介。
市民ネットワーク千葉県は、県議候補の小西ゆき子(千葉市中央区)がマイクを持って各候補者を紹介。

 

新年会 
(写真:生活クラブ新年会)

 

このあと今年最初の役員会。夜までかかる。そのまま飲み会になだれ込む。これまたしっかりと飲みました。

 

1月9日(日)

午前中佐倉市出初式出席。野外の2時間、毎年寒さがこたえるので、ババシャツに使い捨てカイロを背中とお腹にひとつずつ。しかし今年は暖かく、期待はずれ(?)。このあと、市議のチラシ第2弾を作成するため事務所へ。夜までかかる。

 

1月10日(月)

佐倉市成人式。会場外には政党や、市議新人候補者が新成人の票を当てにしてノボリを何本も立ててマイクでがなりたてたり、チラシを撒いたり、やりたい放題。純粋に成人を祝うというより、自分たちの票を1票でも多く勝ち取ろうとする魂胆が丸見えで、なんとも醜く、情けない。
成人式では挨拶をさせていただく。いつも真面目で決まり文句のような祝辞が続いたあと、私のかなり「柔らかい」スピーチで閉めることになる。

 

今年は「新成人の恋愛」をテーマとする。調査によると、新成人の男子8割強、女子7割強が「現在交際相手がいない」状態。これまで一度も交際をしたことがないのが5割弱。いずれも過去最高である。若者はどんどん恋愛をしなくなっているのだ!
そこで、「皆さん、良い恋愛をしましょう! 恋をすれば相手を思いやり、自分を高めたくなる。不幸にも失恋に終わっても、人間は深くなる」と、わが身を顧みず大いに若者を煽ったのである。

 

成人式 
(写真:成人式)

 

 

このあと、午後はめいっぱい、入江さんと西志津方面の支援者宅回り。
寒風が身にしみ、「がんばって」という温かい言葉が身にしみる。元市議の宮部さんが築いてきた地域住民の方々との「輪」のありがたさが、骨の芯まで沁みとおった厳寒の夕暮れであった。


FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

23:34 日々のつれづれ

阿修羅のごとく…

2011/01/06

1月5日

1月3日から5日まで恒例の里帰り。高齢の一人暮らしの母が待つ大阪へ。
ああ、今年もダジャレの癖がなおりません。

 

さて、行きの新幹線で読んだ千葉日報の記事。「世界遺産紀行」という記事に目がとまる。紹介されているのは奈良の興福寺。ここが世界遺産だとは知らなかった。たくさんの仏像が残されているが、とりわけ有名なのが「阿修羅像」。
昨年の東京での公開時には94万人もの観客を集め、アシュラ・ブームが起きたのは記憶に新しい。「アシュラ―」という熱烈ファンが多数生まれたとか。

 

「そうだ、奈良へ行こう」とJRが泣いて喜ぶフレーズを口ずさみながら、翌日母を連れて奈良へ。ただし、近鉄電車で…

 

三が日を過ぎたとは言え、古都は晴れやかに賑わっていた。
興福寺は小学校の遠足以来何度か行っているが、本日はあちこち工事中。
しかし、懐かしい五重塔が今も健在だった。

 

五重塔 
(写真:五重塔)

 

宝物館に入ると、数々の荘厳な仏像が悠久の時を超えて我々を出迎える。
巨大な千手観音が金箔のお体も神々しく、観る者を圧倒する。
そして、阿修羅像。

 

阿修羅像 
(写真:阿修羅)

 

古代インドの戦闘の神様と言うことだが、日本ではお釈迦さまを守る神様となった。
お顔が三つ。正面は端正な顔に苦悩が宿る。闘い続ける人間に対する絶望なのだろうか?
向かって左の顔は唇をぎゅっと噛む印象的な表情。怒りなのか、悔しさなのか。
細い腕は非人間的で、照明に写る6本の影はまるで巨大なクモの足のようでもあり、阿修羅が蜘蛛の糸にからめとられているような錯覚を覚えた。

 

阿修羅から派生した言葉で、「修羅場」がある。戦いの場。私にとっては毎日がこれだ。
4月の選挙に向けてますます厳しくなる修羅場で、阿修羅のごとく駆けまわらなければならない。
「何のための戦いなのか?」
阿修羅像は、はるかな眼差しに悲しみを宿しながら、そう問いかけているような気がした。



FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

05:19 日々のつれづれ

今年もよろしくお願い申し上げます

2011/01/01

皆さま、明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

――――――――――――――――――

年末は例年通り、たまりにたまった書類の整理に悪戦苦闘。
大晦日にずれこみ、年越し蕎麦を近所のお蕎麦屋さんに食べに行ったあと、除夜の鐘を聞きながら、最後の山を整理し終わった。

 

今年は4月の統一地方選挙が大きな山場となる。私は市民ネットワークのルールどおり、2期で県議を卒業し、バトンを佐倉市議2期目の入江あき子に渡すことになる。無事にバトンタッチができますようにと、明日は検見川神社に初もうでに行く予定。

 

「2期でやめるなんてもったいない」「せっかく慣れてきたところなのに…」というお叱りをよく受ける。しかし、「増数できなければ2期で交代」というルールは、ネットのみんなで何度も何度も話し合って決めたルール。そこには、「一人の人間にお任せにしない」「専門の議員を一人育てるのではなく、政治に関わる市民をたくさん増やしていこう」という目的がある。正直言って、言うは易し、行うは難し。特に、政治に関わる市民を増やすということは、議員の仕事の何倍もきつい。

 

でも、八ツ場ダムひとつとっても、私はたくさんの分野の方から大きな協力をいただいている。家庭の主婦の方、地質学者、水問題の専門家、市民団体などなど。その方たちと築いてきたネットワークは何物にも代えがたいほど、ありがたく、貴重だ。

 

鬼泪山、印旛沼、残土・産廃問題、有害化学物質、児童虐待、男女共同参画、数えてみれば数多くの様々な方たちの助けを受けて、今日まで走って来られた。また、逆に、その方々も私を通じて、県政の場に「意思」を発信してきたと言える。

 

私にはあと1回、2月県議会での代表質問という大仕事が残されている。
これまで私を支えてきて下さったこれらの方々と、これまで以上に「交信」しながら充実した質問ができるよう、わが身にハッパをかける年明けだ。

 

昨年の暮れ、市民ネットワークの代表として少々思い煩っていたとき、高校時代に昼夜を忘れて読みふけったヘルマン・ヘッセの言葉をふと思い出した。まさに、現在の自分の心境を表しているなと苦笑い。これである。↓

 

「目的のない生活は味気なく、目的のある生活は煩わしい」

 

今年もいっぱい煩わしい思いをしたい。



FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

19:20 日々のつれづれ
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。