▶旧ブログのシステム変更のため、こちらに新ブログを移行しました。 →【旧・県県Go!Go!】アーカイブはこちら
▶当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

--:-- スポンサー広告

市議ブログ開始

2011/05/30
お知らせ

県県GO!GO!は4月29日をもって終了しましたが、佐倉市議となって気持ちも新たに「大野ひろみのクラクラさくら」が始まりました。

「大野ひろみのクラクラさくら」

県県Go!Go!同様お読みください。
スポンサーサイト

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

07:24 日々のつれづれ

8年間ありがとうございました。またお会いしましょう!

2011/04/29
とうとう4月29日が来てしまった。
新しく当選した、友子さんと入江さんは明日30日からの任期となる。
 
先日、新会派の打ち合わせに参加するため久しぶりに県庁を訪れた際、名札掲示板の自分の名前を押そうとしたら、ない! ないったら、ない!
いつもの場所には何も書かれていない白い札が… 吉川さんのはまだあるのに。
そうだ、自分は既に失職していたのだ、とそこで気が付いた。
4月17日、市議選に立候補の届け出をした時点で失職をしているのだった。
 
そこで、このブログ「県県ゴ―ゴ―」も本日をもっておしまいとなる。
最後のブログ。今、一番気になる福島の子どもたちのことを書きたいと思う。
 
高木文部科学大臣は4月15日、福島県の学校内の放射線量の基準を年間1ミリシーベルトから、なんと20倍の20ミリシーベルトに引き上げた。理由は「基準が1ミリのままだと、子どもたちに学校を頻繁に移動させることになる。それはできない」おい、おい! 子どもたちの命より、行政の都合のほうが大事なのか!?呆れてものが言えぬ。
 
この20ミリというのは、国際放射線防御委員会(ICRP)が2007年に出した勧告に基づいたもの。しかし、これは対象が「大人」なのだ。
しかも、ICRPのいう20ミリとは、「ここまで被ばくしてよい」という値ではなく、「これ以上は絶対に被ばくしてはいけない」という上限値なのだ。
子どもは大人に比べて放射線の影響を受けやすいというのは、もはや常識。
ICRPの示した参考レベルの上限値、つまり大人でも「これ以上は絶対に被ばくしてはいけない」という線量限度を子どもの基準にするとは、福島の子どもたちはどうなっても良いというに等しい。
 
当然のごとく、福島県内のお母さんたちの間で不安が広がっている。
「子どもたちを放射能から守るための集会」が県内で開かれているが、一刻も早く子どもたちを安全圏に避難させたい、学童疎開させたい、という声がいっぱいだと言う。
 
「福島老朽原発を考える会」(略称「フクロウの会」)のホームページには、保護者の不安な声がたくさん書き込まれている。一例を紹介。
――――――――――――
白河市に住む母親です。
PTAに対して、ネットで探した色々な資料をプリントアウトし、教頭先生にも渡してもらいました。
(年間1ミリ公衆被曝限度の話しやチェルノブイリでは年5ミリで移住など)
子どもが、明日、学校で50m走を屋外でやるそうです。理科で屋外活動もするというのでです。
運動会もやるそうです。
教頭先生は資料は読まなかったのでしょうか!知らないフリをしているのでしょうか。
先週の土曜日広島大の先生が来て話しがあったそうですが、全く問題ないと!
世の中には自然界からも大量の放射線をあびているといわれたそうです。
ホコリで吸い込む内部被曝は?PTA会長に渡した資料は役に立たなかった。
うちの子だけ転校も考えました。
でも、それでは子どもがあまりにもかわいそうではないですか?
子どもに何の非があるのですか?
広報白河にも堂々と「毎時20マイクロでも問題なし」と書かれています。誰も疑問を持ちません。
―――――――――――――――
本当にいても立ってもいられないお母さん方の叫びが聞こえてきそうだ。
この、福島のこどもたちを見殺しにする文部科学省の「子どもに対して20ミリシーベルト」の撤回を求める要請への緊急署名がネットで行われている。皆さま、ぜひご協力を!
以下、その詳細。
 
★ネット署名の要求項目は2つです。これに対する回答を求めます。
・子どもに対する「年20ミリシーベルト」という基準を撤回すること
・子どもに対する「年20ミリシーベルト」という基準で安全とした専門家の氏名
を公表すること
 
★ネット署名は、第一次集約分で3万3千を超えました。すごい勢いで広がって
います。まだ署名を受け付けています。最終締切は4月30日(土)23時で
す。よろしくお願いします。
 
 
以上で「県県ゴ―ゴ―」はひとまず終了です。
また、いつか、ひょっとしたら「佐倉市ゴ―ゴ―」なんて名前でお目にかかる日が来るかもしれません。
皆さま、長い間のおつきあい、本当にありがとうございました。
 
                      大野ひろみ
 

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

11:50 日々のつれづれ

市議選、反省しきり…

2011/04/28
皆さま、またまたブログの更新を怠っていました。申し訳ありません。
佐倉市議選の結果は、私は当選したものの、大事な新人を一人落としてしまい、「総合選対長」としては反省しきり。
私が出たために、他の3人の票を食ってしまったという厳しい指摘もあり、とても喜んでいられる状況ではありません。
 
昨日、さくらネットの運営委員会で総括を行いましたが、新人を擁立するにはもっと手厚い戦略を立てるべきであったという点が共通認識として残りました。
 
今思うと、ああすれば良かった、こうすれば良かったと、「たら、れば」のことばかりが頭を駆け巡ります。
 
(ここから、いつもの「である」調で)
私自身の選挙に限って言えば、県議選終了後告示までの1週間、そして告示から投票日までの1週間、合計わずか2週間の選挙戦だったが、コンパクトに効率よく、そして、実に楽しく戦えた。
「選挙は短ければ短いほど楽しい」と、体で実感できた選挙戦だった。
選挙カーで政策を語りながら、辻辻でスポット演説という従来のスタイル。
私独自のスタイルとは、「ウグイス=政策伝道師=票のもぎり嬢」。
候補者はスポット演説を1か所5分。1日せいぜい20か所。合計1時間40分。
それ以外は、大半がウグイスが政策を伝えるのだから、カンペを棒読みしているだけではとても道行く人から票をもぎ取ることはできない。人は、声を聞くだけでうわべだけで訴えているか、心から訴えているか、すぐ分かる。
 
だから、私は自分の選挙では、もちろん名前の連呼は絶対禁止、ネットの政策に共感し、心から訴えることのできる人に頼んでやってもらっている。そんな人は少ないから、必然、1日中の大半を自分でやる場合も多い。
今回の選挙では、回転木馬の皆さん、四街道ネットの清水さん、大谷さん、県議仲間の友子さんが駆けつけてくれ、いい「さえずり」をしてくれた。感謝、感謝である。
友子さんのは「さえずり」ではなく「しゃべくり」であり、交差点のおじさんが大笑いしていた。
 
知り合いが紹介してくれたドライバーのAさんは、長身イケメンでただでさえ人目を引く。プラス、私の演説にあわせてパントマイムまでやってくれたので、子どもたちに大受けだった。
 
選対のメンバーも、事務局長のKさん、選対代表のOさんをはじめ、全員が役割以上に獅子奮迅の働きをしてくれた。新しく参加してくれたTさん、Aさんのフレッシュさも忘れ難い。
 
これで全員当選なら、めでたさも北極と南極くらい違っただろうが、現実は厳しい…
お通夜のような雰囲気から、1日、1日、立ち直りつつある今日この頃である。

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

10:25 ネット活動

ご無沙汰おわび、そして県議選への報告

2011/04/13
みなさま、長らくブログを休んでしまいました。
41日から10日まで県議選があり、ブログが更新できなかったこともありますが、県議選の結果報告が遅くなりました。おわびと、そして入江あき子初当選の報告いたします。
     
予想通り、かなり厳しい選挙でした。6人の候補者の誰が落ちてもおかしくない状況。
その中で一頭地を抜いていたのは、やはりパフォーマンス上手な人気者の現職でした。
震災直後という「自粛ムード」は、選挙そのものを否定しがちで、政策を戦わせるなど到底無理な話です。政策中心で訴えてきたネットとしては苦戦は当然。
しかも、今回はネットと票を食い合うオンブズも出馬。あちらは私たちに標的を絞り、かなりの揺さぶりをかけてきました。敵は本能寺なのにね。
ただ、オンブズの選挙広報は、内容の真偽はともかく、アピール性の点で見事でした。
「やられた!」と思いました。ネットは従来どおり、ウソ偽りのない内容を載せたので、スッキリとしてはいますが、迫力不足は否めません。
     
選挙戦ではずっと「暮らし最優先の政策」として、「地下水の保全」と「議員年金廃止にともなう多額の税金投入に反対」を訴えました。
他陣営が自転車部隊など、自粛という言葉とは裏腹な派手な格好でのパフォーマンスを展開する中、入江陣営はひたすら選挙カーを使い、「政策を聞いて判断してください」と訴える地道な選挙戦でした。候補者入江あき子は連日20数か所のスポット演説を元気にこなし、その誠実さと資質を聞く人にアピールできたと思います。
     
私はもちろん、連日朝から晩までウグイス。候補者がスポット演説の間は、走りながら周囲の住宅に法定ビラをまきまくりました。おかげで体重が1.5キロの減少。
自分の選挙のときより疲れました。
     
結果は以下のとおり。
     
1.    西田三十五(自民党) 12,627票 当選
2.    伊藤 昌弘(自民党) 10,977票 当選
3.    入江 晶子(ネット)  9,783票 当選
4.    藤崎 良治(オンブズ) 8,807票
5.    檀谷 正彦(民主党)  8,460票
6.    小林 右治(みんな)  6,518票
     
結果分析はこれからですが、ネットは前回よりも大幅に票を減らしました。
オンブズ票と足すと前回の得票になるので、きれいに二手に分かれてしまったと思われます。
自民党の二人も実はかなり票を減らしています。1万票ある公明党が自民二人に推薦を出したので、少なくとも3000票ずつは二人に行っているでしょう。
その点を考慮すると、やはり今回の選挙はどんぐりの背比べでした。
現職二人と強敵新人を向こうに回し、入江あき子は良く頑張ったと思います。
市議8年間でも、しっかりと実績を積み上げてきたので、県議会では私とはキャラは全く違うけれど、鋭く切り込んでいくと期待しています。
以下、県議選の写真です。子どもたちに大人気でした。
    
勝利の瞬間 
勝利の瞬間

全員での勝利 
全員で勝利

どこでも子ども 
どこでも子ども
   
小さな聴衆 
小さな聴衆
   
    
 

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

11:36 選挙

地下水の安全性:続報!

2011/03/29
地下水についてたくさんの問い合わせを受けた。
前回ブログに書いたあと、インターネットで、長崎大の山下俊一教授が3月21日に福島県で行った講演会での発言を見つけた。
「放射性ヨウ素は地下数メートルまで水が染み込むあいだに、半減期が過ぎてほぼ消滅。放射性セシウムは土でろ過されて水脈に入らない。
やっぱり、地下水はかなり安全なのである。
 
さらに今日、八ツ場のMLで田中優さんが次のような意見を寄せておられる。
水道水でも、活性炭を混入すれば大丈夫らしい。少々手間がかかるが…
(以下引用)
 
**********************
ヨウ素はよく水に溶けますから。
風向きで飛んできているときに雨が降ると残ります。
(雨が降ると、ヨウ素の検出量は増える)
 
飲み水だけならまだしも、自炊や外食まで含めると、不可避的に水道水を飲んでいるのが現状だと思います。
 
 井戸水はふたが開いていなければ安全性が高いです。
土地に降った場合、ヨウ素は陸上生物にとって貴重な元素なので、5センチ以内で微生物に捕捉され、それ以上にしみ込むことはほとんどないからです。これは東海村の再処理工場周辺の秘密文書に書かれていたことです。
 
【活性炭が有効】
 
活性炭が有効です。
ですがその後の活性炭は捨ててください。
 
(参考5)浄水処理によるヨウ素I131の除去に関する知見
放射性物質の浄水処理については、知見の数が少ないものの、活性炭処理による除去効果を示す知見が存在する。
・アルミニウムを凝集剤として用い、活性炭(5~15 ppm)を添加した場合、凝集沈殿による131Iの除去率は、約6~7割除去できる知見が報告されている。
・粉末活性炭による131Iの除去実験では、原水への添加の場合、活性炭注入率が5、30、200 mg/Lで、除去率はそれぞれ74%、100%、100%。同様の実験をろ過水に添加した場合、活性炭注入率が5、30、200 mg/Lで、131Iの除去率はそれぞれろ過水の濃度からみて22%、39%、47%であった。
 
 
 とありますから、混入して撹拌して一晩待つのがいいと思います。
なるべく接触面が広い方がいいので、粉炭がいいです。炭を砕いてもいいと思います。
 水1リットルに対して、炭は30ミリグラムですからほんのちょっとです。
 沸かしても意味ないです。
炭はヨウ素を吸着しているので、毎回捨ててください。
 
 
 
 

FC2Blog Ranking ←千葉の問題をより多くの人に知ってもらうため、クリックで応援してね!

12:09 環境
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。